レトロ玩具の買取


レトロとは、回顧的、また郷愁に誘われる気持ちをいいます。今でいえばソフビやブリキなどの昭和の頃のおもちゃです。今になってなぜ昭和なのでしょうか。映画「三丁目の夕日」は昭和30年代が舞台になりました。古き良き時代というイメージです。ヴィンテージという言葉があります。ただ年代物というだけではなく、特定の時代に作られた良いものを指します。昭和30年代はまさにヴィンテージではないでしょうか。

昭和に子供時代を持つ人は今歳を重ね、身の回りを整理することもあるでしょう。そのとき見つけたレトロ玩具を手放すのに買取店を活用すると良いでしょう。ソフビやブリキは希少性が高く、それらの愛好家や好事家も多くいるため、高額買取されるケースもあります。また、自分が遊んでいた思い入れのあるおもちゃをリユースすることで誰かのためになることは望ましいことではないでしょうか。物置の奥で眠っているよりも、あるいは子供の手に渡り再び遊んでくれその子が笑顔になってくれたなら、おもちゃが有効に活用されているというもので、持ち主のおもちゃを大切に思う気持ちを裏切らないものです。レトロ玩具は思い出が形象化されたものです。ぜひ、買取店を活用し新たに光を当てたいものです。